崎陽貧坊 19回生

2017年4月10日

川路桜から若草山を望む

川路桜とは江戸末期、奈良奉行だった川路聖謨(としあきら)が町ぐるみで緑化運動を展開。数千本の桜や楓を若草山から佐保川にかけて植樹した。今は佐保川沿いに大和郡山まで桜並木が続く。下級武士から身を立てた川路聖謨はその後、勘定奉行や外国奉行を歴任。江戸城開城の日に割腹・短銃自殺をはかり幕臣として江戸幕府に殉じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください