播磨翁 25回生

『梅花藻の 清き流れに 身をまかせ』

白い花を付けた梅花藻が、朝の光に輝き流れる清らかな水の中を泳いでいるようで涼しげでした。

『バイカモの 花にひといろ 百日紅』

水面間際にカメラを構え、起立した梅花を撮りました。上流の百日紅の花がが落ちて、藻に引っかかっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください