22播磨翁 25回生

「姫路城」

姫路城天守閣群を備前丸の西北西から撮ったものです。天守閣の重なり合う五層の屋根や唐破風、小天守の白壁が
快晴の空に映えて、私の思う姫路城のイメージにあう一枚です。

姫路に住む25回生です。ニックネームは、子供の頃に憧れていた英雄にあやかり、今住む地方の名から付けました。
写真は以前からコンパクト・デジカメで撮りためていましたが、昨年末に孫とのゲーム負けて召し上げられてしまいました。
これを機に買った一眼レフで、また写真を撮りためていきたいと考えています。対象は何でも。姫路城はライフワーク的に。

『九重山山頂のミヤマキリシマ』(コンパクト・デジ)
学生の頃依頼の九重山登山で、山がピンクに染まった姿は圧巻でした。
その時撮った一枚です。九重山山頂のミヤマキリシマと竹田方面の遠景の対比をもう少し遠近感を付けたい一枚です。

 

『五月の霧氷』(コンパクト・デジ)
昨年五月に四国の石鎚山に登ったときのもの。
折しも四国にかかった寒気の影響で、北の斜面だけに霧氷をつけていました。
手前の松の緑と広い樹氷のコントラストが好きな一枚です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください